築34年の古民家がフルリノベーションで生まれ変わりました。|KURUREFO(くるリフォ) - 久留米のリフォーム専門店 築34年の古民家がフルリノベーションで生まれ変わりました。|KURUREFO(くるリフォ) - 久留米のリフォーム専門店

  • 築34年の古民家がフルリノベーションで生まれ変わりました。
  • before
  • after

築34年の古民家がフルリノベーションで生まれ変わりました。

お父さん、お母さんとお子様3人。ご家族5人の夢を叶えるマイホームが完成しました。

八女市立花町にあるK様邸。

築34年の古民家をリノベーションして、20畳を超えるLDKの贅沢な一軒家に生まれ変わりました。

もともとの間取りは間仕切りが多く、日当たりのいい南側に広縁とお座敷。日当たりの悪い北側にダイニングとキッチンが配置されており、憩いの場であるLDKはやや暗い雰囲気でした。

家族5人がゆったりくつろげるLDKを実現するために

もとの間取りのままでは、家族5人がゆったりくつろげる空間を実現することが難しかったため、間取りの変更をご提案。

日当たりのいい南側の広縁とお座敷をLDKに。北側のキッチン、ダイニングとその隣の和室を、主寝室と子供部屋にリフォームしました。

リフォームに際しては、床をささえる束石と床束(束石と床の間の木の柱)の劣化が進んでいたため、束石をすべて新設し、木製の床束は鋼製束に交換。
床下には断熱材を敷き詰め、断熱性能を高めました。

お座敷をLDKにリフォーム。間仕切りをとって、広々としたLDKになりました。日当たりもよく、昼間は電気をつけなくても十分な明るさ。南側の窓から中庭には気持ちのいい風が通り抜けます。

台所横の和室を、主寝室にリフォーム。引違いの襖があった場所は壁になっており、若草色のクロスを張ることで、明るい雰囲気の部屋になりました。

小上がりの畳スペース、アクセントクロス、L型キッチン。こだわりがたくさん詰まったLDK

20畳をこえる開放感あふれるLDKにはK様ご夫妻のこだわりがつまっています。

「子どもたちの様子を見ながら、ごろんと横になれて昼寝ができる畳スペースが欲しいんですよね」と話してくださったご主人の夢をかなえたのが、窓に面する南側の畳スペース。LDKの雰囲気とマッチするように、畳は縁なしの琉球畳を採用しました。柔らかい日差しの中、昼寝をするには最高の場所です。

「子どもが3人いてモノが多いし、これからもっと増えてくると思うので、収納がたくさん欲しい」という奥様のご要望を叶えるために、小上がりの段差を活かして、収納も準備。畳の下は3連式の引出し収納になっていて、モノが溢れない、収納力たっぷりの家を目指しました。

小上がりの段差を活かした場所はもう一つ。壁に備え付けのデスクを作って、座って作業できるスペースを確保しています。

家事の要「キッチン」は動線を考慮して設計しました。

キッチンはリビング全体が見渡せる対面式のL型キッチンです。L型は動線が短く、効率的に作業できるのが嬉しいところ。コンロのすぐ右手には勝手口を設置し、ゴミ出しがしやすい配置になっています。

キッチンのすぐ奥には洗面脱衣室とお風呂があり、洗面脱衣室からはウッドデッキ付きの中庭に出ることができます。お料理などの家事をしながら、合間を見て隣でお洗濯。洗濯が終わったら、すぐ隣の中庭に洋服を干すことができるようになっています。

同じ角度からのビフォーアフター。キッチンの手前にはカウンター付きの壁を造作。お皿を並べたり、料理の準備の時にはカウンターが重宝します。壁のおかげで手元が隠れるのも嬉しいところ。対面式キッチンの“片付けのプレッシャー”を和らげてくれる心強いブラインドになっています。

キッチン以外の水回りにも、築34年の「古さ」がありました。

住宅設備が古くなっていたので、今回のフルリノベーションに合わせて、水回りは全て一新。ユニットバスはLIXILシエラ。 洗面台はLIXILピアラ。 トイレはLIXIL アメージュZを採用しました。

三面鏡の裏は収納になっており、洗面台回りをすっきり保つことができます。

2階の洋室は、子供部屋にリフォーム。押入を利用した特製ベッドができました。

押入の中段を利用した特製ベッドが出来ました。階段や柵は、大工さんの手作り。ベッドの下も収納にして、空間を効率よく活用しています。

長年の風雨に耐える中で、外観も色褪せていました。

今回のリノベーションに合わせて、外部もリフレッシュ。ひび割れて雨漏りの原因になっていた漆喰壁の補修・塗装や、色あせた木部の塗装を行いました。

玄関戸の交換に加えて、外壁塗装もおこない、見違えるような外観に。「足場がとれて、塗装した家を初めて見たときは、感動しました!」という嬉しいお声をK様からいただきました。

ポーチ内の外壁も新しいものに張替え。玄関前の立派な柱も黒く塗装し、白と黒、モノトーンが映える空間になりました。

奥さまの夢を叶えた「土間のある玄関」

リフォームした玄関戸をあけると、きれいな土間が続く玄関ホールが待っています。土間は左官の職人さんによる、金ごて仕上げ。「土間のある玄関にしたい」という奥様の夢を叶えた玄関ホールです。

玄関リフォームでは、まず上がり框の位置を変更。玄関戸に対して斜めにすることで、圧迫感のないホールになりました。土間を奥に進むと、シューズクロークも設置しています。靴だけではなく、アウトドア用品なども片付けておくことができる仕様です。

子どもたちがのびのび暮らせる素敵な一軒家になりました。

K様邸のビフォーアフター事例は以上になります。

お引き渡し当日、やんちゃ盛りのお子様たちは、新しい我が家を思い思いに探検していました。小上がりの畳の段差に寝転がったり、引っ越しに合わせて新調したソファにジャンプしたり。K様ご一家が楽しそうにくつろいでいるLDKは、もとは襖で仕切られたお座敷でした。

同じ建物の、同じ場所に、全く違う光景が広がる。それがリノベーションの醍醐味なのかもしれません。

ご家族5人がのびのび暮らせるマイホームが誕生しました。



記事担当/井上朝雄

費用 500~1,000万円 工期 3カ月半
建物種別 戸建て 場所 八女市立花町
築年数 34年 家族構成 5人家族
商品
工事内容 フルスケルトンリフォーム

その他のタグ